小児科の集患対策に効果的な5つのこと
小児科の集患対策に効果的な5つのこと

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、
患者さんの受診率が低下しています。

特に小児科ではその傾向が顕著であり、
経営状態の悪化に繋がっています。
2020年4~6月の中で前年同月に比べて、
医業収入が30%以上減少した月がある小児科(診療所)は
6割近くに上っています。1*

経営の危機に瀕している小児科において
どのように集患をしていけばいいのか、5つの方法をご案内します。

患者さんはなぜ減った?


新型コロナウイルスの流行により、さまざまな立場から
それぞれの憶測や意見が飛び交い、どの情報が正しいのか、
どの対応が正しいのかわからない時期が続きました。

その混乱の中、病院への受診を差し控える動きが出ました。
特に小児科では、幼稚園や学校の閉鎖や、
再開後の感染対策などにより、感染症の流行も
例年に比べて少ない傾向にあり、
さらに受診率が低下していると考えられます。

2020年4月では、小児科の入院外件数(社保・国保)が
前年同月に比べて37.9%低下しており、受診率の低下が著しいです。2*

受診率が減ることによる弊害

感染症の流行がなく、子ども達が元気なことは喜ばしいことです。
しかし、感染症がまったくゼロということはありえません。

少々の熱なら…と受診を差し控えることで
重症化してしまうケースや、川崎病や白血病などの
重篤な疾患の診断が遅れるケースも起こり得ます。

また、経営面においても、非常に厳しい状態となっている
クリニックは少なくありません。
小児科が閉院してしまえば、その地域の子ども達の
受診先が無くなってしまうことにもなります。
そうならないためにも、どのような対策をすればいいでしょうか?

集患対策はなにをすべき?

小児科への受診率を上げる方法を5つご紹介します。

1.感染対策は万全を期す

新型コロナウイルスの感染対策について、
待合室のイスの間隔を空けたり、共用のおもちゃや本を撤去するなど、
すでに対策を講じられていることでしょう。
他にできる対策がないか、ぜひこちらの記事もご覧ください

コロナ禍で患者さんが安心できる小児科とは?求められる4つの対応

2.感染対策の内容を広める

対策を実施するだけでなく、その内容を院内に掲示したり、
院外に向けて発信することが大切です。
クリニックのホームページの「お知らせ」や
「新着情報」などに感染対策の取り組みを掲載したり、
SNSやブログを運営している場合はそこでも告知しましょう。

また、自治体の広報やタウン情報誌などに、
クリニックの紹介や感染対策について
掲載してもらうのもいいですね。

これらの情報は、患者さんの安心感を高め、
受診への意欲を高められるはずです。
受診者に、子ども用マスクをプレゼントするのもおすすめです。

3.予防接種の啓発と予防接種外来の設置

予防接種は子どもの命を守る大切な感染症の予防法です。
そのことを周知し、予防接種の打ち忘れが無いよう、
受診を促す必要があります。

特に低月齢の赤ちゃんは、予防接種のスケジュールが過密ですが、
感染に対する不安から親御さんが予防接種をためらうケースもあります。

その不安を緩和する方法として下記の方法があります。
■予約制にする
■曜日や日時を決めて予防接種外来を行う
■院内で受付や診察室を一般診療と完全に分ける

4.ホームページを充実させる

web上の看板となるホームページは、
受診を迷う人を受診へと後押ししてくれるツールです。
この機会に、ホームページの内容を見直してみましょう。
コンテンツについては、ぜひこちらの記事をご覧ください

クリニックのホームページに求められるコンテンツとは?

5.オンライン予約・web問診表などの導入

患者さんは待ち時間が長いのを嫌います。
時間的なこともそうですが、感染の機会を増やすという不安もあります。

そのため、診察までの時間はなるべく短くしたいところです。
オンライン予約や順番取り、web問診表を導入することで、
待ち時間の短縮や、待つかもしれないという不安の解消に繋がり、
受診へのハードルを下げることが期待できます。

親の不安を緩和することが大切

小児科の集患において、大切なのは親御さんの不安を緩和することです。
受診することで感染症をもらってきたらどうしようと
思う方は少なくありません。
その不安を緩和することが集患に繋がりますので、
ぜひ上記の対策を参考にしてみてください。

看護師 S.H.


参考サイト
1* 日本医師会 新型コロナウイルス感染症の 診療所経営への影響 2020 年 4 ~ 6月分
http://dl.med.or.jp/dl-med/teireikaiken/20200909_2.pdf p4

2* 日本医師会 新型コロナウイルス感染症対応下での 医業経営状況等アンケート調査(2020 年 3~4 月分)
http://dl.med.or.jp/dl-med/teireikaiken/20200610_6.pdf p7

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事